• 会社概要
  • お客様の声
  • サイトマップ
  • 決済・配送・返品
か行
外貨コンテナ
輸入税の免除を受けて一時輸入を認められたコンテナです。順路一回だけ国内輸送が認められますが、国際輸送の用途以外での使用禁止や記帳義務を課せられる等関税法上の制約を受けます。
ガスケット
コンテナドア端のゴムパッキンの事です。ドア間の隙間を塞ぎ雨水、海水の進入を防ぎます。
カムキーパー
コンテナドアヘッダー部、ドアシル部に取り付けされている部品です。ロック棒と組ませることによりコンテナドアを閉めます。
乾貨物(Dry Cargo)
貨物の分類法のひとつで一般雑貨や固体のばら積貨物の事です。液体貨物や冷蔵貨物等の対比として使用されます。
ガントリークレーン
埠頭・港湾ターミナルに設置された、船舶からコンテナを陸揚げ船積みする作業に使用される巨大クレーンの事です。タイヤ付の走行脚で横行移動が可能です。
クロスメンバー
コンテナ底部の側面と側面をつなぎ床を支える梁です。貨物の重さに耐えられる様にコンテナには強度のある梁が取付されています。
国産コンテナ
国内にて製造されたコンテナおよび関税納付済みのコンテナで、国産である旨の財務省令で定める証紙を当該コンテナに貼り付けてあるコンテナのことを国産コンテナといいます。
5トンコンテナ
12フィートの鉄道貨物コンテナの事です。5トン程度の貨物を積載可能なことから5トンコンテナ(ゴトコン)と呼ばれます。
コルゲートパネル
ドライコンテナ側面等に使われている波板状の鉄板です。ドライコンテナのコルゲートパネルは厚さ1.6mmです。
コンテナクリーニング
輸入コンテナから荷物がデバンニングされた後に、汚れをおとし次回の積荷の受け入れに備えるためクリーニングを実施します。油汚れや穀物、ヘイキューブ等積荷の残渣、ハイドジュース、臭気など汚れは種種雑多です。
コンテナシール
コンテナ貨物が実入りの状態で運送中に盗難等の被害にあっていない事を証明するためコンテナドアハンドル部分に取付られるブリキ製、鋼鉄製やロック式の番号付き封印です。コンテナシールに破損や付替えが認められた場合は貨物の安全輸送に欠陥があったこととなります。
コンテナ条約(Customs Convention on Containers: CCC)
「コンテナに関する通関条約」は欧州経済委員会によって1956年に制定された条約です。各締約国に一時輸入され一定期間内に再輸出されるコンテナについて一定の条件で輸入税や輸入制限の適用を免除することにより国際間のコンテナ輸送を容易にし、コンテナ物流を促進するための条約です。
コンテナターミナル
港頭に位置する、コンテナの本船荷役やコンテナ貨物の授受・蔵置を行うための場所です。これに要する各種荷役機械の管理等も行われます。
コンテナ通関
国際輸送用のコンテナの通関はコンテナ特例法により一時免税輸入制度となり、リスト通関(コンテナリストを提出する事で一括で輸入を申告すること)が可能です。
コンテナ特例法
コンテナ条約、TIR条約への加盟が発効するに伴い両条約の規定を国内でも実施するために制定、1971年8月12日に施行した法律で、正式名(コンテナに関する通関条約および国際道路運送に関する通関条約の実施に伴う関税法等の特例に関する法律)といいます。この法律により一定の条件を満たしたコンテナは輸入税を免除され一時輸入が可能になりました。
コンテナの保守点検計画(ACEP: Approved Continuous Examination Programmes)
現行のコンテナの保守点検の方法(Periodic Examination Procedure)よりも厳重な検査と保守・管理システムを自社の保守・管理システムとして有するコンテナ所有者に対し、そのコンテナ所有者がコンテナ保守点検計画等承認申請書を管海官庁に提出し、承認されると「ACEP」の文字を標示することにより安全承認板(CSCプレート)に次回の保守点検期限を標示する必要がありません。日本の場合は「JACEP」の標示をします。
コンテナ番号
アルファベット4文字(所有者コード、プリフィックスコード)と6ケタの連続番号、末尾の1ケタの数字(チェックデジット)で構成されたISO提唱によるコンテナ管理番号方式が広く採用されています。
コンテナフレートステーション(CFS)
LCL貨物(コンテナ1個を満載出来ない小口貨物)をコンテナへ荷積み、荷出しを行う場所です。輸出する際にはCFSにLCL貨物を集積して仕向地別に仕分けしコンテナへ詰め合わせます。
コンテナヤード(CY)
船会社等がコンテナを一時保管するための場所です。コンテナヤードは通常保税地域(外国貨物の輸入手続をしない状態で関税支払いを留保して一時蔵置できる場所)となっています。
コンテナリスト
コンテナ特例法に基づき、免税コンテナの輸出入の際には1当該港当該船で積卸しされたコンテナの種類、記号、国産コンテナ有無等を記載した「積卸しコンテナ一覧表(リスト)」を税関に提出することにより口頭で通関申告を行うことができます。
コンテナ留置料(Container detention charge)
荷主がコンテナの貸与を受け、一定の許容期間(いわゆるfree time)内の返却を怠った場合、ペナルティとして徴収される延滞料金のことをいいます。
コンプレッサー
冷凍冷蔵コンテナユニットについている圧縮機です。フロンガスを圧縮し冷気を作り出します。
一覧に戻る
Top