• 会社概要
  • お客様の声
  • サイトマップ
  • 決済・配送・返品

コンテナメンテナンス

ラッシングポイントの修理

ラッシングポイント

【こんなときに…】■標準装備のラッシングポイントが何らかの接触で使用が困難になっている場合

         ■輸送商品の種類により、ポイントを増設しなければならない場合

【メンテナンス方法】 ■D型ポイントを使用して増設する

           ■歪みが発生している際や外れてしまっている場合は 再溶接を行なう

Top