• 会社概要
  • お客様の声
  • サイトマップ
  • 決済・配送・返品

2016年2月18日(木)

*コンテナの基本知識*

木曜日ですねニコニコ お疲れさまです音譜

 

今更!?と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、

今日は改めて海上コンテナについてです船船船

 

海上コンテナとは、世界中の港での効率的な荷役を実現させるためにISO(国際標準化機構)規格を満たす貨物用コンテナ。

日本では独自の規格で広く流通しているJRコンテナと区別するため、「海上コンテナ」と呼ぶことが多いです。口笛

 

海上コンテナは主として船舶による国際海上輸送用ですが、国内の陸海上輸送にも多く用いられています。

1950年代後半にアメリカで始まった海上コンテナ輸送は、徐々に世界に広がりました。

 

当初24ftから35ftまで企業ごとに長さがバラバラだったのですが、1960年代半ばにISO規格によって10ft、20ft、30ft、40ftが制定。

以降、国際海上輸送によるコンテナのサイズ規格が統一された為に、

国内外輸送が非常に取扱いしやすくなりましたウインク

世界的には20ft、40ft、45ftが主流ですが、日本では45ftは大きすぎてトレーラに積載されないために使用されることが少ない。

という訳で、20ft、40ftコンテナが使い勝手が良く海上コンテナの主流となっています。

 

●おすすめの一冊~コンテナ物語●

 

51ZgZoHow0L._SX378_BO1,204,203,200_

~概要~

 

20世紀最大の発明品の1つといわれるのがコンテナ。

コンテナの海上輸送が始まったのは1956年3月のことだ。アメリカの陸運業者マルコム・
マクリーンは、コスト削減と交通渋滞回避のため運賃の安い沿岸航路に目をつ
け、トラックから「箱」だけ切り離して船に載せるアイデアを思いつく。

陸上、海上輸送の兼業を禁止する規制当局と戦い、さらには埠頭を牛耳る沖仲仕
の組合の抵抗を押さえ、1956年3月、コンテナの海上輸送が世界で初めて実現す
る。天性の企業家マクリーンは次々に船会社を買収し、ベトナム戦争では軍事物
資の輸送に食い込み、世界最大級の海運業者に飛躍する。日本、韓国、シンガ
ポールなどアジアの国々は、巨大なコンテナ専用埠頭を設置し、欧米との貿易
で巨額な黒字を溜め込み、世界経済への影響力を増していく。グローバルな経済
の成り立ちを「箱」に焦点を当てて振り返ったノンフィクション。

 

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8A%E7%89%A9%E8%AA%9E%E2%80%95%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%80%8C%E7%AE%B1%E3%80%8D%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%98%8E%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F-%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3/dp/4822245640


Top