• 会社概要
  • お客様の声
  • サイトマップ
  • 決済・配送・返品

2015年11月5日(土)

*ルミナリエ新スタイルでキラキラしています*

お疲れさまです

 

先週末金曜より、来週の日曜日13日まで神戸ルミナリエがスタート

今年21回目の神戸ルミナリエ、初の試み!

なんと、今回のルミナリエは日本初公開

 

昨年までのアーチ構成ではなく、屋根付きの回廊【ガレリアコベルタ】の展示です。

 

入口から約16mの間、天井(高さ15m)及び、左右の壁が展開される【光のトンネル】を通り抜けると、

前方を含めた4方向が光に囲まれ、これまにない迫力を感じることが出来ますcont-03b-01

 cont-03b-02

また今年より、LED電球を本格採用です!

 

過去20回の神戸ルミナリエは一部の小作品を除き、白熱電球を100%使用してきましたが、

今年は21回目!新しいルミナリエをご覧いただきたいとの思いから、ルミナリエ通り、および東遊園地の大型作品を含めたすべての作品にLED電球を100%使用しています。

ルミナリエとは、ヨーロッパのバロック時代16世紀後半、ルネッサンス期に盛んに創られた祭礼や装飾芸術のひとつとして誕生しました。

 

光の魅力を駆使した建築物がその起源とされ、やがてイタリア南部において電気照明を使用した幻想的な光の彫刻に変化を遂げ、現在の形態までなりました。

 

様々なデザイン様式の木製アーチの構造体に色とりどりの電球で彩色が施され、

その設置デザインによって三次元的な芸術空間を創造するもので、

アーチ型構造体を道路上に設置した【ガレリア】と呼ばれる遠近感のある回廊や、

【スパリエーラ】と呼ばれる光の壁掛けなどで構成されます。

 

 

 

神戸ルミナリエは、阪神・淡路大震災の記憶を次の世代に語り継ぐ、神戸のまちと市民の夢と希望を象徴する行事として開催されました。

 

大震災がおこった1月、その同年の12月に、年初の悲しい出来事による犠牲者への慰霊と鎮魂の意を込めた【送り火】として、

また間もなく新しい年を迎える神戸の復興・再生への夢と希望を託して【神戸ルミナリエ】が始まりました。

 

期間としては今週末です21年目の新たなルミナリエをぜひご堪能下さい


Top